私は30代女性ですが、10代の頃から便秘気味でした。一度ものすごい経験をしたことがあります。ふんばっても、ふんばっても便が固くなりすぎて肛門から全く出てこないのです。私は焦りました。夏の暑い日だったでしょうか、トイレにとじこもり、固い固い便と格闘しました。
様式の便座に座り、片手でおしりの肉を揺らして肛門を刺激するといつもなら少しずつ便が出てくるのですが、今回ばかりは様子が違いました。本当に出てこない。便意はあるのに、肛門の出口に固い便が居座っていました。それでもなんとか出そうと格闘を続けました。
それは暑さとの戦いでもありました。狭い空間に閉じ籠っているため、汗がにじみ出てきました。
これ以上はもう無理だ…私は泣きそうになりながら母に助けを求めました。
母に事情を説明すると、ほじるしかないと。指でほじるよりほかないと言われました。え~!そんな事できないよと拒む私に、母は怒りながら綿棒にベビーオイルをつけて持ってきました。そこに四つん這いになりなさいっ!と半分怒られながら母はほじってくれました。
固い便が少しずつ出てきて…ふんばると便が出てくるところまで回復したのでした。
全身が便臭いような気がしていました。今でも忘れる事のできない出来事でした。

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_m
その後は便秘にならないように生野菜を食べるようにしたり、水分をたくさん摂るように心がけました。その時は幾らか良くなるものの、便秘はまた忘れた頃にやってくるのです。
時はたち、結婚をして私も母親になりました。今では二人の子供がいます。一人目を出産後、母乳で育てていたので水分をとられ、便秘になりました。産婦人科で便を柔らかくするお薬をいただき、毎日すごしていました。
二人目の時も便秘になりましたが、子供が二人となると自分の事にはかまってられず、トイレにいく時間もなかなかとれないでいました。そんなある日、無理にいきんでしまったのです。
トイレから出るとおしりに何か違和感が。それでも何日かほっといてしまったのです。日に日に痛みが出てきて歩くのもままならなくなりました。これはやばい!と思って鏡で見てみると…なんといぼ痔になっておりました…イキミすぎたんですね。何日も痛みは続きましたが、なんとかひっこんでくれ、事なきをえました。
便秘は痔を引き起こす恐れがあるので本当に怖いです。
毎日の食生活を見直す必要がありますね。